Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
Recommend
地震-終末のミステリー
地震-終末のミステリー (JUGEMレビュー »)
ジャック・ヘイフォード
Recommend
家族の回復
家族の回復 (JUGEMレビュー »)
マルコーシュ・パブリケーション
Recommend
New Entries
Archives
Categories
Recent comment
Profile
Links
Mobile
qrcode
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
2014.08.02 Saturday
人民を虐殺した人民解放軍
中国で「天安門事件」が起きた時、私の教え子の一人が日本語教師として武漢大学にいた。彼によると、その時親たちは爐修鵑併をしたら殺されてしまう!瓩晩楡乎を止めた。しかし学生達は牴罅垢「民主化」を叫ばなければ、誰が叫びますか瓩函◆峪爐魍亳腓靴董彭薫駄腓妨かったのである。そして多くの学生たちは再び帰ることはなかった。

現在、中国ではこの歴史的な天安門事件について、語ることさえ禁じられている。そして中国共産政府はこれを歴史から抹殺しようとしている。

「天安門事件」とは何か。それは一九八九年六月四日、民主化を叫ぶ学生のデモは見る見る拡大し、一般民衆も、なんと共産政府の御用新聞である「人民日報」の新聞記者までがデモに加わり、さらに警察までも加わるという百万人にも及ぶ大デモンストレーションとなって、広大な天安門広場は「民主化」を叫ぶ人で埋め尽くされた。まさに共産党独裁政権崩壊の危機となったのである。この時何が起きたか。突如、人民解放軍が戦車を先頭に押し寄せてきた。そして戦車と銃器で一〇〇万ものデモを圧し潰したのである。何千か、何万か、未だに死者の数は不明である。

この事件の全ては世界の茶の間のテレビで放映された。秘密主義の共産国での出来事が、なぜ世界中に放映されたのか。それは「毛沢東グループ」( 貧しい者のユートピア) を潰して天下を取った「近代化グループ」( 外国と取引きをして外貨を稼ぎ兵器を近代化する) の小平が、中国の門を開いて外国と取引するために、ペレストロイカでソ連共産党を近代化しようとしているゴルバチョフを中国に招いて、近代化を目指す二人が握手をしてる場面を世界に見せれば、世界は中国と取引きをしてくれると考えたのである。そこで小平は、世界中から有力なマスコミ、テレビ関係者を呼び集めた。ニコニコ顔の小平とゴルバチョフが歴史的な握手をする場面を、テレビで世界中の茶の間に放映してもらうためである。この時、学生達は犧だ、民主化を叫ぶのは!世界のマスコミが我々の叫びを世界中に報道してくれる! 。こうして学生たちは命がけで天安門に集合し、民主化を叫び、そして民主化のために死んでいった。この一部始終を、中国に入った世界の報道機関は学生達の読み通りに、小平とゴルバチョフの握手などそっちのけで、世界中に放映したので、民衆デモを戦車で圧し潰したこの中国共産政府の残虐を世界は茶の間で見たのである。

世界は驚愕し、中国との取引きを拒否し、中国の近代化が大きく出遅れたのである。

その後中国は現在の経済発展を手にしたが、民主化は遙かに遠く、山の彼方にある。

しかも中国共産政府は、この世界史にも残る大事件を、中国国民の意識から消し去ろうとしている。しかし世界は中国の若者たちが、命をかけた「民主化の叫び」を、決して忘れることはない。そしていつの日か、中国人民が人民の手によって、真に「人民の為の国家」をつくりあげる事を我々は切望している。左翼も右翼も「全体主義」と言う「悪の華」を生むことを歴史は証明した。「民主主義」こそが、全ての国家が持つべき政治理念である。

「中国の民主化のために」祈ろう。
| マルコーシュ・パブリケーションズ | 世界 | 12:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2014.01.23 Thursday
ネルソン・マンデラ氏の生涯
悪名高き、自人優位主義の極みの如き「アパルトヘイト(人種隔離政策)」の撤廃に命を懸け、一方、黒人を動物のように殺した「白人に極刑を」と叫ぶ黒人過激派を抑え、「赦し」と「癒し」の人種融和と和解で、南アフリカ共和国の民衆を導いたネルソン・マンデラ氏が十二月五日静かに召天した。文字通り偉大なる高尚な生涯であり、ノーベル平和賞に最もふさわしい人物であった。

一九一八年、南ア・東ケープ州で、有力部族の族長の血筋を引く家系に生まれ、大学在学中に黒人の解放と権利拡大を目指すアフリカ民族会議(ANC)に参加し、黒人の弁護士として初めての法律相談所を開いた。しかし白人優位主義の矛盾だらけの不公平な国家体制の変革のために若きマンデラは立ち上がった。このアパルトヘイトは恐るべきもので、一◯年ほど前に南アフリカ共和国で開催された世界宣教会議に日本代表として参加したとき、或る裕福な黒人の家に泊めてもらった。家主は建築家で立派なクリスチャンであったが、彼がこう言った。”今だから、こんな大きい家に住んでも何事もありませんが、マンデラ大統領以前なら、白人のならず者らの夜襲で焼かれてしまいます。そしてその白人を誰も逮捕しません。” これが「アパルトへイトの現実」であった。この恥ずべき白人優位主義のアパルトヘイ卜を神学的に支持したのは、オランダ改革派の牧師らであった改革派神学も地に堕ちたものである。若きマンデラは、真っ向からこの国家的矛盾に実力で立ち向かった。集団ボイコットやストライキで低抗を繰り返したが、アフリカ民族会議(ANC)が非合法化されるや、地下に潜行し、武装組織「民族の槍」を組織して抵抗し続けた。遂に国家反逆罪で一九六二年に逮捕され、終身刑となり、ケープタウン沖ロベン島の刑務所に投獄された。その後二七年に及ぶ過酷な獄中生活にもかかわらず、不屈の精神で耐え抜き、さらに囚人の権利確立のために当局と闘ったという真の勇者であった。

実はマンデラ氏が真に偉大なのは、権力者を恐れない勇気だけにあるのではなく、主イエス様の愛に根ざしたキリスト者の愛であって、それがアフリカ諸国にある、単なる「アフリカ黒人の民族主義」と言う狭い考えを乗り超えて、普遍的な世界平和、を希求していたのである。マンデラ氏の偉大さはそこにある。「ハーザー誌」も、白人優位主義のような民族主義を超えて、神のみ言葉通りの「ユダヤ人もギリシャ人もなく、キリスト・イエスにあって、一つ」(ガラテヤ三・27)が理想である。
| マルコーシュ・パブリケーションズ | 世界 | 22:27 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
2013.02.26 Tuesday
アルジェリア人質事件
 今回の事件が起こるまで、北アアリカにアルジェリアという国があることすらあまり認識していなかった。しかし、どういう訳か、「ここは地の保て、アルジェリア、どうせカスバの夜に咲く……と青江三奈が歌った歌だけはよく覚えている。

 アルジェリア東南部のリビア国境付近、イナメナスに天然ガス関連施設があり、イスラム過激派とフランスとの戦闘のなかで、人質となった日本企業の従業員10人が死亡、7人が生還という吃驚する結末となった。

 アルジェリアは一九六一年にフランスから独立した国だが、ソ連との関係が深い。

 九九%がイスラム教スンニ派の国で正然ガスと石油が大部分の産業なので、アルジェリア政府は事件が硬直化するのを恐れて、ロシアのテロリスト鎮圧に倣ったようである。

 テロリストの目的はフランスのマリ北部のイスラム・テロ組織への攻撃に対する反撃である。

 では、なぜ、フランスはこの時期にマリのテロ組織を攻撃したのだろうか。

 これは隣国のリビアとの関係が大きいようだ。

 まず、事件の背景には、フランス軍の攻撃でリビア政府が崩壊することから始まった。

 次に政府が崩壊したリビア軍から兵士や武器がイスラム武装勢力に流れる。

 そして、リビアの武力を備えた武装勢力がマリ北部でテ口活動を開始する。

 すると、フランス政府がマリを守るという口実でマリに軍事介入を始める。

 その反撃として、イスラム武装グループがフランス軍のマリ介入中止を要求しアルジェリアで人質事件を起こす。

 というような流れのようである。

 このように、アメリカだけでなく、フランスも諸国の紛争に軍事介入を繰り返しているのだ。

 大国が軍事介入するのは、そこに石油とか天然ガスという資源があるからである。

 日本も外に、エネルギー資源を求めるのではなく、日本海のメタンハイドレーなどの発掘可能な天然ガスとか、太陽光、風力などの自然エネルギーにはやくシフトしなければならない。

 日本人が石油やガスを中東やアフリカに掘りに行くことはない。

また、懲りずに原発を動かすというのは、愚の骨頂である。
| マルコーシュ・パブリケーションズ | 世界 | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2011.11.19 Saturday
歴史を支配する神
「(それは)マナセが罪のない者の血を流し、エルサレムを非のない者
の血で満たしたためである。主はそれを赦そうとはきれなかった。」(列王記下二四・4)

この聖書の言葉は、ユダ王国が紀元前五八六年にパピロンによって滅ぼされた事件を語る歴史書の言葉である。マナセは王国滅亡のすこし前に五五年間にわたってユダ王国を治めた王である。この長い治世の問に、マナセ王は「罪のない者の血を非常に多く流し、その血でエルサレムの端から端まで満たした」のである。「列王記書いた歴史家は、ユダ王国の滅亡はこのマナセの罪のためだと見ているのである。

「本当はユダ王国が、滅びてしまっては困る」というのは、ダピデ王朝の正統な継承が無くなってしまうからだ。ユダの滅亡以前、すでに分裂した北イスラエル王国は、紀元前七二二年にアッシリアに滅ぼされてしまっている。

マナセだけではなく、歴代の王の罪によって、本当は続いていなければならないダピデ王朝が途絶えてしまったのだ。これは非常に厳しい神の審判である。しかし、もっと恐ろしいのは、ユダ国の民もマナセと同じようにパピロンに捕囚されてしまったことだ。

為政者・権力者の一番大きな罪は、界のない者の血を流すことである。この大原則は、昔も今も変わら
ない。だが、悪い為政者だからと言って批判ばかりはしていられない。私たちは上の立つ者のために、祈らなければならないのだ。

3・11 以降の日本の政治は、大きな誤りを続けている。国民に大量の被爆をさせ、原発事故の収束への的確な手段をとらず、止まっている原発の再稼働まで進めようとしている。

核爆発でエネルギーを得ようとすること事態が、創造主への冒涜だ。原発事故は日本だけで終わるものではない。チェルノブイリの事故で人類は、脱原発に舵を切るべきだった。今回の福島の事故でまだ懲りないようなら、神の裁きは明確に顕われるだろう。

罪のない者の血を流すことを決して赦されない方が、歴史を支配しておられるのだ。この事実を認めることは人間の厳粛な義務である。

神を畏れるとは、そのような神が歴史を支配しておられることを認めることである。
| マルコーシュ・パブリケーションズ | 世界 | 19:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.04.02 Thursday
北朝鮮のミサイル
各テレビ、ラジオのニュースによると、アメリカ・CNNテレビは、日本時間の2日朝、アメリカ国防総省高官の話として、「北朝鮮がミサイルへの燃料注入を開始した」と報じた。
北朝鮮は、4日から8日の間に人工衛星の打ち上げを行うと国際機関に通告しており、これにあわせて燃料の注入を開始したものとみられ、ミサイルの専門家は「ひとたび燃料が入れば、安全上の問題などから発射を中止することは極めて難しくなる」としているので、ミサイル(テポドン2)の発射は間違いなくなった。
中距離弾道ミサイル「ノドン」(射程1300キロ)はすでに完成され、320基配備されていて、その中には核弾頭を積み込みことが可能だと言われている。今回、発射する「テポドン2」はノドンにもう一段ミサイルを加えたもので、射程は6000キロになるという。また今回は人工衛星を搭載しているのは間違いないようだが、打ち上げに成功すれば、アメリカにも相当な脅威となることができる。後は、核弾頭を装備することが可能となれば、北朝鮮はアメリカに核を打ち込むことができるからだ。実際問題、テポドン2に核弾頭を装備するにはまだかなり時間がかかるようだが、ノドンに装備できていることはアメリカも認めていて5、6発はできている可能性があることを米国専門家がテレビで発言していた。
 北朝鮮が米国と世界の圧力に屈せず(中国とロシアに支援はあるが)、ここまでやってきたのは、なかなか立派なことである。核保有とミサイル保有が認められれば、世界から疎かにされない。今回のミサイル発射の成功は北朝鮮を大国に押し上げるものだ。一番、脅威を感じるのは、韓国と日本である。韓国のクリスチャンは祈っているが、日本のクリスチャンも祈ろう!
 
| マルコーシュ・パブリケーションズ | 世界 | 12:12 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |