Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Recommend
地震-終末のミステリー
地震-終末のミステリー (JUGEMレビュー »)
ジャック・ヘイフォード
Recommend
家族の回復
家族の回復 (JUGEMレビュー »)
マルコーシュ・パブリケーション
Recommend
New Entries
Archives
Categories
Recent comment
Profile
Links
Mobile
qrcode
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
2009.04.01 Wednesday
ジェームス・H・バラ、新渡戸稲造
ハーザー5月号(4月6日発売)の編集を終えた。4月号に続いていて、「日本プロテスタント宣教150周年を記念して」という特集だが、前回にもまして内容が充実している。第一期来日の宣教師バラと新渡戸稲造が、「開教50周年記念」で語ったメッセージが載っている。これだけでも貴重な資料だ。宣教50周年当時の講演の内容を見ると、まさに明治キリスト教界の栄光の歴史である。禁教下でもすさまじいほどの宣教がおこなわれ、明治5年には最初のプロテスタント教会が横浜に立ち、明治16年には初めてのリバイバルが起こったことも報道されている。ある本には「伝道が開始したと言って、明治六年にキリスト禁令の高札が撤去されるまでは本格的な伝道にはならなかったでしょう。」外国人居留地の中の活動に止まりました」と、とぼけたことが書いてあるが、明治5年に教会ができるほどに活動は活発であった。他紙(誌)では見られない内容だ。
| マルコーシュ・パブリケーションズ | 日本の教会 | 10:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment









Trackback
URL : http://malkoushu.jesuscom.info/trackback/1121552