Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Recommend
地震-終末のミステリー
地震-終末のミステリー (JUGEMレビュー »)
ジャック・ヘイフォード
Recommend
家族の回復
家族の回復 (JUGEMレビュー »)
マルコーシュ・パブリケーション
Recommend
New Entries
Archives
Categories
Recent comment
Profile
Links
Mobile
qrcode
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
2012.03.19 Monday
消費税の呪い
「消費税一%分は二兆五千億円です。十二兆六千億円ということは、消費税五%ということです。

消費税五%分の私たちの税金に、天下り法人がぶら下がっている。シロアリがたかっているんです。

それなのに、シロアリを退治しないで、今度は消費税引き上げるんですか?

消費税の税収が二十兆円になるなら、また、シロアリがたかるかもしれません。

シロアリを退治して、天下り法人をなくして、天下りをなくす。

そこから始めなければ、消費税を引き上げる話はおかしいんです!!」


なんとこれは、首相就任前の野田佳彦の街頭での泌説である。

ユー・チューブで、ブラックユーモアとして配信されているので、見ていただきたい。

「消費税の呪い」というのは、故小室直樹氏が言われた言葉だが、いい得て妙である。

消費税は税金を集めるシステムとしては、最強のものだから、官僚は大好きである。巨額の消費税は政府に集まってくるので、それを分配するという仕事が待っている。そこに利権が発生するので、大きな政府を作ると、ろくなことがないのだ。

特別会計を作って、そこに予算を与えるとシロアリがやってきて、なおかつ天下りの巣になってしまうのだ。

こういうことを今まで繰り返してきたので、民主党政権になったら、それを覆すことができるのではないかと思ったが、野田首相をはじめとして、権力を握ったら、みな翻ってしまった。

だから中央にお金が集まって来るというシステムそのものに反対する政党がでてこないと日本はよくならない。

原発の利権構造も似たようなもので、電源三法の交付金が四八五五億円もあり、原発を立地する地方に金が中央から流れるので、地方はなんでも言うことを聞いて、おとなしくなってしまう。

お金の流れが、上下関係を決めてしまうので、地方自治がなかなか実現しないのだ。

中央政府を小さくして、地方が行政の実権を展るようにしないと、小回りが利かなくなって、組織は硬直化してしまう。新しい事業を展開したくても法律、そして認可というシステムが邪魔をしてなかなか進まない。新エネルギーの開発も電力会社と結託して、それを妨害しているとしか思えない。

これ以上、中央にお金を集めてはいけないのである。
| マルコーシュ・パブリケーションズ | 政治 | 21:45 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
管理者の承認待ちコメントです。
-, 2012/05/26 5:14 PM









Trackback
URL : http://malkoushu.jesuscom.info/trackback/1411235