Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
Recommend
地震-終末のミステリー
地震-終末のミステリー (JUGEMレビュー »)
ジャック・ヘイフォード
Recommend
家族の回復
家族の回復 (JUGEMレビュー »)
マルコーシュ・パブリケーション
Recommend
New Entries
Archives
Categories
Recent comment
Profile
Links
Mobile
qrcode
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
2014.01.23 Thursday
小泉元首相の「原発ゼロ」発言
小泉元首相が「原発ゼロ」発言し、しかも「即ゼロがいい。首相の権力は絶大だ。原発ゼロの方向に権力を行使して欲しい。
在任中に方向性を出した方がいい」と安倍首相に圧力をかけたのであるから日本国民は度肝を抜かれた。首相退陣後、沈黙していた眠れる獅子が突然吠えた。小泉元首相がいったいどれほど長く、深く、真剣に原発のことを研究したのか不明である。誰のアドバイスかも知らないが、釣三◯年前からこの「怪しい原発」を追求していた私としては小泉さん、ガンバレ、真剣に取組んでくれ」と声援したい。この原発問題で最も重要なことは、「科学の常識を踏みにじっている」ということである。わかり易くご説明申し上げれば、科学というものは何か発明したならば、「最後にこうなって絶対に安全です。と証明されて、「大量生産」となるのである。

ところが、「最後の安全が決定されないまま、大量生産」したのである。だから今頃になって、放射能をたっぷり合んだ「使用済み核燃料棒」(核のゴミ)の始末に世界中が悩んでいるのである。

この「科学の常識、基本を踏みにじった」と言う最も重要なことに、私の知る限り、テレピ出演のこの道の専門家らは誰も触れない。新聞のコメントにも無い。

牧師の私でさえも、この科学の基本を知っているのであるから、専門家諸氏が知らないわけがない。ある人にこの事を話したら、「その部分をカットされてしまうのかも」とのことである。

もしテレビや新聞などの重要なマスコミが、「その重要部分うぃカットする」とするなら、マスコミに圧力がかかっているのである。では一体誰が圧力をかけるのか。日本のマスコミに圧力をかげ得るのは日本政府関係者以外にないのではないか。或いはアメリカ政府かである。まさかアメリカ政府が?と善良な日本国民は思うであろう。しかしそれは無知と甘うより無責任である。「クリントン、宮沢会談」(一九九三)以後、「年次改革要望書を日米間で取り
交わす仲となったが、アメリカの要望だけが実現し、

日本の要望は実現したためしがない。そのアメリカの要望で最も劇的だったのは、「郵政民自化」で、日本の国益を考えて反対した自民党の長老亀井静香たちは、自民党内の、マスコミ内の「アメリカ追随者ら」によって、結局自民党を追われ、郵政民営化が実現し、今や世界最大の預金額を有する金庫は、ハゲタカに身を晒している。

原発は、郵政民営化など足もとにも及ばない世界的問題である。そして、「世界的騙し」である。原発の「事故隠し」「データ改竄」は日本だけではない。かつて東京電力の一人のクリスチャンが退社した。上司から「データー改竄を強制された」からである。

こんな怪しい、危険極まりない原発は、誰が何と言おうと地球から一掃しなければならない。

笹井社長もそうであったが、「ハーザー」は、どんなゴリアテをも恐れず、正義を主張する諸刃の剣である。
| マルコーシュ・パブリケーションズ | 原発・地震 | 21:48 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
管理者の承認待ちコメントです。
-, 2014/01/24 12:19 PM









Trackback
URL : http://malkoushu.jesuscom.info/trackback/1411283