Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Recommend
地震-終末のミステリー
地震-終末のミステリー (JUGEMレビュー »)
ジャック・ヘイフォード
Recommend
家族の回復
家族の回復 (JUGEMレビュー »)
マルコーシュ・パブリケーション
Recommend
New Entries
Archives
Categories
Recent comment
Profile
Links
Mobile
qrcode
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
2015.01.23 Friday
ハーザー2015.2月号
特集:七つの山 2 クリスチャンとビジネス-3

税込780円

ご購入はマルコーシュオンラインにて
http://malkoushu.jesuscom.net/


取材記事
■クリスチャンは皆、宣教師!ファーディ・カタバイ師を知る
 笹沼塩美
■神の国を第一とするビジネス
 廣瀬進二

■「イエス様のド根性」
 大川従道
■本文批評学の中の光と闇10
 奥山実
■今聖霊が教会に語っておられること
 長田晃
■天の御国の鍵とアジアン・ハイウェイ
 久保田文吾
■一時間で、すべてが変わる
 デイビッド・ウィルカーソン
■国々の民がエルサレムに集う
 デイヴィッド・デミアン
■リバイバル便り
 中澤イサク
■創造と福音
 安藤和子
■愛とロマンの地へ
 在原繁
■東の果ての祈り会
 富田慎悟
■仮庵祭
 横山隆
| マルコーシュ・パブリケーションズ | ハーザー | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2014.12.18 Thursday
ローマ教皇と進化論
 フランシスコローマ教皇は、気さくな人格者として極めて人気が高く、最近の韓国訪問で、牋譟察察史プロテスタント人口の約一〇〇万人が、カトリックに移った瓠淵肇奪廛譽戰襪隆攅餠飢饂愼骸圓砲茲襦法しかし実は、この新ローマ教皇は問題で、爛トリックは同性婚や離婚問題にもう少し寛大であるべき瓩覆匹伴臘イ靴燭、保守的な司教達に拒否された。

 ところが、去る一〇月二八日、バチカン科学アカデミーの会合で、狄世蓮⊆然の法則に従って進化するよう生物を創造された瓩覆匹判劼戮拭カトリック教会としては、ガリレオ・ガリレイ裁判など科学に対しては、歴史に残る汚点があるので、時々気弱な発言が出る(実は、ガリレオは聖書によって裁かれたのではなく、アリストテレスの世界観を取り入れた非聖書的カトリック神学によって裁かれたのである。「惑星運動三法則」で有名なドイツ人天文学者ケプラーに薦められて聖書をよく読んでいたガリレオは、裁判の時 狎蚕颪鯑匹鵑任れ、そうすれば私の言っていることが分かる! と叫んだと言われている)。

 さて、今回のフランシスコ教皇の発言は、読めばお分かりのように「有神進化」の主張である。これは神が聖書に啓示された世界観を、根本から否定する恐るべき主張で、異端以上に悪質である。これは「聖書の世界観をこの世の常識に合わせよう」と言うもので、ヘブル語の「ヨーム」は長い期間の意味もあるから、「六日の創造」は 猩仔ではなく、長い期間瓩任△襦と言う主張なのだが、聖書解釈の原則は、 「聖書は聖書で解釈する」であることを忘れてはならない。そこで、「出エジプト二〇・11」に犲腓六日のうち——すべてのものを造り瓩箸△襪茲Δ法◆嶇仔」でよい。ところが日本では保守的な神学者や牧師まで、聖書解釈の原則を踏みにじっても、六日の創造を信じない。そして怪しげな、科学でもない進化論に妥協しているのであるから、これらの神学者、牧師は一般信徒以下である。そしてその不信仰と不勉強ぶりを天下にさらけ出している。狄焚熟世麓然科学ではない瓩噺世辰燭里肋綯丗膤悗療鷲昇一教授だが、それに対して東大はじめ、どの進化論学者も反論しない。沈黙をまもるのみである。「進化論は科学でない」と、こきおろされても、何も反論出来ないのである。

 それのみか進化論宣伝に文部科学省から御用学者としてテレビなどで使われる東大の学者らが、なんと「進化論は学問的に成り立たない」と言う「進化論否定」の本を三冊出版したのをご存知だろうか。「エントロピーの法則」( 祥伝社)、「キリンの首」( 平凡社)、「反進化論」( 原本の表題は「進化論・危機にある学説」どうぶつ社) の三冊である。

 かつて赤い学者らが「共産主義国は平等である」と言って、ソ連、中国、北朝鮮を天国のように称賛して学生らを騙したが、このように「学問は世界的な騙しが可能」なのである。進化論も同じである。日本で最大の進化論学者は、周知の如く「棲み分け理論」で世界の今西、となった今西錦司教授である。彼は牴罅洪焚熟棲惻圓蓮⊃焚熟世防塒な証言を隠してきた。これは学者として良心に恥じる と言って、進化論を捨てたのみならず、「科学者廃業論」を「毎日新聞」に発表して科学者さえも辞めたのである。これが進化論の実体である。日本の神学者や牧師達が、科学でもない無神論の進化論との妥協を止め、「非聖書的」有神進化を捨て、しっかりと聖書の世界観、聖書の人間観、聖書の救済観を身につけて、日本人の救霊のために励む事を切望する。

爐澆海箸个里垢戮討呂泙海箸任広( 詩119:160)
| マルコーシュ・パブリケーションズ | 創造論 | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2014.12.18 Thursday
ハーザー2015.1月号
特集:七つの山 2 クリスチャンとビジネス-2

税込780円

ご購入はマルコーシュオンラインにて
http://malkoushu.jesuscom.net/


取材記事
■岸浪市夫のゴールデン・ルールに従った人生
笹沼塩美
■日本宣教の現状とビジネスマン伝道の課題
三谷康人

■本文批評学の中の光と闇9
聖書の本質的真理と教理は微動だにしない
奥山実
■創造と福音
進化思想により混迷の科学へ突入
安藤和子
■中国教会はなぜリバイバルしたのか 下
竹内宣雄
■ありのままでよい
大川従道
■愛とロマンの地へ
MTCへの道
デイヴィッド・デミアン

■ダビデの幕屋の回復
10分毎の感謝
富田慎悟
■今聖霊が教会に語っておられること
長田晃
■仮庵祭�
アブラハム・モーセ・ダビデは仮庵のテントに住んでいた
横山隆
■神戸で7000カンファレンス開催
久保田文吾
■海外宣教&リバイバル便り
北朝鮮とキリスト教
本誌編集部
■聖徒の個人的な戦い
デイビッド・ウィルカーソン

証し
詩の小径
教会寄席
社内日誌
| マルコーシュ・パブリケーションズ | ハーザー | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2014.12.04 Thursday
ハーザー2014.12月号
特集:七つの山 2 クリスチャンとビジネス-1

税込780円

ご購入はマルコーシュオンラインにて
http://malkoushu.jesuscom.net/


取材記事
日本の社会起業家リーダーによる平和構築と社会改革
笹沼塩美
日本宣教の現状とビジネスマン伝道の課題
三谷康人

■本文批評学の中の光と闇8
奥山実
■大丈夫イザヤ第二部 最終回
藤林イザヤ
■今聖霊が教会に語っておられること
長田晃
■御霊による歩みとその恵み
大川従道
■海外宣教&リバイバル便り-2
本誌編集部
■中国宣教はなぜリバイバルしたのか(中)
竹内宣雄
■悔い改めの説教で何が起こるか?
デイヴィッド・ウィルカーソン

■創造と福音
安藤和子
■愛とロマンの地へ
在原繁
■ダビデの幕屋の回復
冨田慎悟
■仮庵の祭1
横山隆
| マルコーシュ・パブリケーションズ | ハーザー | 08:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2014.11.04 Tuesday
ハーザー2014.11月号
特集:七つの山 1 クリスチャンと政治-3

税込780円

ご購入はマルコーシュオンラインにて
http://malkoushu.jesuscom.net/


取材記事
■震災後に迎える日本の未来を方向付ける福島県知事選
五十嵐義隆
■政治問題に取り組む資格
奥山実

■イザヤが預言した島々の栄光ー3
横山隆
■ジャパン・ギャザリング in 沖縄
横田玲子
■とにかく出て行って福音を伝えよう!
大川従道
■この時代は、特別な信頼を要求する
デイヴィッド・ウィルカーソン
■ハレルヤ牧師会 in 京都シオンの丘キリスト教会
■日本民族総福音化運動協議会第二回フォーラム

■創造と福音
安藤和子
■大丈夫イザヤ第二部
藤林イザヤ
■愛とロマンの地へ
在原繁
■ダビデの幕屋の回復
冨田慎悟
■新しい主の花嫁の誕生
本誌編集部
■海外宣教&リバイバル便り-1
ルイス与那嶺
| マルコーシュ・パブリケーションズ | ハーザー | 08:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |